電子機器の設計|ビル内の設備を完璧な数値で管理できるBEMSの魅力
レディ

ビル内の設備を完璧な数値で管理できるBEMSの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

電子機器の設計

基板

電子機器の内部構成

電子機器にはさまざまなものがあるといえます。個々の電子機器はまたさまざまな部品から構成されています。これら部品は大きく分けて、機構部品、電気部品からなります。機構部品には外郭を構成するものや可動操作部品などがあります。電気部品には電源スイッチ、電源トランス、トランジスタやICなどの半導体、配線材、コネクタなどがあります。電子機器にはプリント基板が使用されるのが一般的となっています。またプリント基板上には多数の電気部品や機構部品が実装されます。このようにプリント基板は電子機器の中で重要な部品となっています。プリント基板をより合理的に使用することで電子機器の価値向上を図ることができるのです。この価値向上を図るためには多数の試作を繰り返すことが不可欠なのです。

電子機器の合理的設計

電子機器の合理的設計にはプリント基板を上手に使うことが不可欠です。プリント基板を上手に設計するということは部品を合理的に基板上に配置し、工数削減や省線化を実現するということです。工数削減や省線化するためには試作を繰り返し実施することが不可欠です。このプリント基板の設計工程で大事なことがさらにあるのです。実際に電子機器を組み立てた状態で基板が電源の磁束の影響や強電界の影響を受けて電子機器の特性に悪影響がでないように基板設計をすることが大事なこととなります。これらは実際にプリント基板試作をしないと確認することはできないのです。プリント基板の複数回の試作は一般的なことなのです。この問題をクリアすることができ、工数削減や省線化が実現できて初めて基板を使用する価値がでることになるのです。