あらゆる電子機器に不可欠|ビル内の設備を完璧な数値で管理できるBEMSの魅力
レディ

ビル内の設備を完璧な数値で管理できるBEMSの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる電子機器に不可欠

基板

電子回路の大量生産を実現

電気製品を分解したことのある人なら目にする機会もありますが、ほとんど例外なくどの機器にもプリント基板と呼ばれる電子回路が使われています。プリント基板とはプリント配線板とプリント回路板を総称した呼び名で、製造工程に多くの印刷技術が応用されていることからその名があります。かつては電子回路を作るのに手作業でコンデンサや抵抗器などの電子部品をはんだ付けしていましたが、そうした製造法では機器の大量生産が難しいものです。あらかじめ電子回路のパターンを印刷したプリント配線板を作り、その上に電子部品を配してプリント回路板を完成させた方が効率も良くなります。電子回路パターンをプリントすることで大量生産が可能になり、製造ミスの発生率が大幅に低下して電子回路の品質が安定する点もプリント基板の長所です。精度の高いプリント技術を応用することで、ICとも呼ばれる高度な集積回路の大量生産も容易に実現できます。こうした技術が結果的に電子機器の小型化に大きく貢献しており、携帯電話など持ち運びできる製品が作られるようになりました。目的に応じた多くの種類のプリント基板が開発され、電子機器製造に欠かせない部品となっています。

高速処理を可能にする技術

特に近年ではパソコンやスマートフォンなどIT機器の高性能化が著しく、使われるプリント基板にも高速処理が求められています。機器の心臓部とも言えるCPUの高速計算を基板上の他の部品へと瞬時に反映させるためには、プリント基板自体の耐久性と回路の集積技術が欠かせません。プリント基板には絶縁体基材に固い素材を用いたリジット基板と、柔軟性のある素材を用いたフレキシブル基板の2種類があり、両者を複合したタイプも存在します。一般的なリジット基板はさらに紙素材とガラス繊維素材に大別され、それぞれの素材にフェノール樹脂やエポキシ樹脂などを含浸させてプリント配線板を製造します。この他にもアルミナ基板や低温同時焼成セラミックス基板・コンポジット基板など、多くの種類が用途に応じて使い分けられているのです。配線パターンには片面基板や両面基板に加えて、ビルドアップ工法などを使った多層構造も可能となっています。高速処理が求められるプリント基板ほどこうした高密度の製造技術が駆使され、コストダウンも実現されました。優れたプリント基板製造メーカーは確かな検査技術も持っており、高い信頼性がテクノロジー進化を支えているのです。